Entry: main  << >>
FOMA 128k特定APを使ったインターネット接続方法覚え書き
 

12月1日からサービス開始のFOMA 128k特定アクセスポイントの接続方法の覚え書き。
ドコモの携帯を使ってる人なら、手持ちの携帯を使って比較的安価にパソコンをインターネットに接続できるようになりました。

 次にあてはまる方に特に読んでもらいたい記事です。


・ドコモの携帯(FOMA)を使っている。
・パケホーダイダブルを契約している。
・毎月当然のようにパケット通信を上限金額(5985円※)まで使う。

 ※フルブラウザ利用時の上限金額です。iモードのみだと4410円。


PCを特定アクセスポイントに接続するように設定することによって、PCでのパケット通信の利用も5985円の上限金額が適用されるようになります。


まぁ安いのでちょっとした条件もあります。

条件1
ブロードバンドでない

通信速度は128kbpsに制限されます。0.1Mbps。動画配信サイトとかを見るのはキツイかなと思います。

条件2
プロバイダとしてmoperaUとの契約が必要。

mopera U は有料なのですが、Uライトプランなら月額315円。しかも使わなかった月は課金されません
しかも2010年4月30日まではUライトプラン、なんと無料のキャンペーン中。

契約しても、5月以降に使わなければ解約せずともお金はかかりません。なかなか良心的な設定だと思います。ためしに使うにももってこいかと。


準備

パケホーダイダブルへの加入が必須です。


データ通信ケーブルも必要です。※Bluetoothで接続する場合は不要。
通常のUSB通信ケーブルで大丈夫です。家電店等で入手できると思います。
純正品なら、「FOMA 充電機能付USB接続ケーブル02」というモノがドコモショップで手に入ります。http://www.nttdocomo.co.jp/product/option/about/usb_cable02/

今回は手持ちのSUNTACのCS-14Uというものを使いました。
http://suntac.jp/products/keitai/cs.html

使っている携帯電話の機種の通信設定ファイル(ドライバ)をドコモのHPからダウンロードします。
http://www.nttdocomo.co.jp/support/utilization/application/foma/com_set/driver/

ダウンロードしたドライバを解凍したら、USBケーブルで携帯電話とPCを接続します。

ドライバを要求されるので、たった今解凍したフォルダを指定します。
何種類かのドライバがインストールされるのでしばらくほっとく。

FOMAはパソコンから見るとUSBで接続されたモデムと認識されます。
インストールが終了したらFOMAを一旦取り外してください。


ドコモコネクションマネージャをダウンロードしインストールします。
http://www.nttdocomo.co.jp/support/utilization/application/foma/connection_manager/windows/download1/index.html

ドコモ コネクションマネージャを起動。
設定はちょっと複雑なので手順を追って説明します。



設定メニューの設定ウィザードを起動します。



さっきドライバをインストールしたFOMAをUSBケーブルで接続します。



接続した携帯電話の電話番号を確認して、次へ。
ええ、携帯古いですが何か?

ちなみに2000番台のFOMAと900iシリーズは128kでの接続に対応しないみたいです。
それ以外ならHSDPA非対応の古いFOMAでも問題なし。



この画面で、moperaUを契約します。 今回はmopera U ライトプランを契約すればOKです。

契約は、
・コネクションマネージャのこの画面からオンライン契約
My docomoからオンライン契約
・ドコモショップ店頭で契約

どれでもOKです。コネクションマネージャからオンライン契約する場合、接続したFOMAを使って無料APに接続して契約手続きができます。
この際の通信料は不要。

次へを絶対に押さずに ISP指定 を押します



従量制料金プラン対応プロバイダの中の mopera U 128K通信 を選択して 次へ。



ここが一番重要なチェックポイント。
APN名 mpr.ex-pkt.net となっているのを確認します。

ユーザーIDとパスワードは空欄でOKです。
moperaは発信者の電話番号通知でユーザー認証をします。

詳細設定



発信者番号通知の設定にチェックを入れ、通知するを選択します。
携帯の設定が非通知になってなければ、とくに設定する必要もない所ですが念のため。

PPP接続(moperaはIP接続でも接続は可)
IPアドレス自動取得
DNSも自動取得でOK。

OKを押して次に進みます。



通信環境の最適化。やんなくても大丈夫だけど一応やっておきます。たぶんMTUやRWINの値の再設定かな。
FOMAを選んで次へ。



完了です。通信環境の最適化をやった場合、ここでPCの再起動が必要になる場合があります。



パケット(定額)のなかに(従量) … とりあえずドコモに言いたい。設定がわかりずらすぎるぞ、と。
やっぱり、あんまり使わせたくないのかなw

まぁ設定方法がドコモのホームページにさえ詳しく載ってないから今回の記事を書いてみたというのが正直な所。

さっきYahoo!のトップページ見たら1800パケットくらいでした。1パケット0.084円なので150円くらいか…PCだけでもすぐ上限いっちゃうねぇ。

もーりーは、ドコモのA2502でデータ定額と、ウィルコムのデータ定額を両方契約して使ってますが、
さすがにHSDPAの7.2Mbpsにくらべると遅さは否めませんが、Webページを見るだけなら
十分実用になるのでは、と思います。

何よりドコモの広いサービスエリアはそのまま使えますので、そこに魅力を感じるのは我々トラベルマニアだけではないと思います。


注意事項 パケット通信がきちんと定額になっていないと、料金が青天井で発生し、いわゆるパケ死状態に陥る恐れがあります。自身の料金プランと設定をよく確認し、自己責任で使ってくださいな。

| もーりー | 16:09 | comments(1) | trackbacks(0) |
Comment
とりあえず、内閣総理大臣賞受賞オメデトー♪
Posted by: 51006969 |at: 2009/12/05 4:32 AM








Trackback

Twitter

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Entry

Comment

Movapic

travelmaniajp
携帯百景 - travelmaniajp
携帯百景

Profile

Access Counter


アクセスカウンター

メンタルヘルス

きせかえ

古民家LiveCamera

新潟いなかカメラ

新潟県湯沢町アメダス

お天気プラザ お天気アイコン

Search

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Mobile

qrcode