Entry: main  << >>
至仏山BC(撤退編)
 DSC06192 [640x480].JPG
3/20
1泊2日で至仏山へBCに行ってきました。
DSC02308 [640x480].JPG
荷物を満載にして早朝に出発〜

R1086263 [640x480].JPG
尾瀬戸倉スキー場手前にある、鳩待峠まで続く道路は、4/27まで通行止状態。
関係者以外の車両は、通行出来ないため、徒歩で10.5km先の鳩待峠までハイクします。

DSC02310 [640x480].JPG
寝袋やらマットやら荷物を満載にした激重のバックパックを背負い出発!
完全に修行ですw

DSC02322 [640x480].JPG
R1086266 [640x480].JPG
除雪は全体の90%近くまで完了しており、アスファルトの上をひたすら歩くのみw
そして新潟と比べると、雪の少なさには驚きました。

DSC02312 [640x480].JPG
途中、工事現場もあり注意を払って進みます。

DSC06181 [640x480].JPG
ゲートから歩くこと6km程で、県道63号と県道260号線の分岐地点へ到着。

DSC06186 [640x480].JPG
みなかみ方面へ続く63号線は、まだ雪の中でした。

R1086273 [640x480].JPG
ショートカットするべく雪壁を上ります。

DSC02328 [640x480].JPG
積雪は2m弱でクラストやアイスバーンなど、気の抜けない斜面をひたすら直登。

R1086280 [640x480].JPG
すると再び道路へ
雪が少なく板を履いて歩くのがやっとw

R1086282 [640x480].JPG
すると、鳩待峠まで約1km手前で除雪は終わり。

R1086284 [640x480].JPG
山小屋関係者のモービルラインがあるのみ。

DSC02336 [640x480].JPG
さすがにスノーシューでも歩きやすくなり、看板の大部分も雪の中だが、積雪は少なめ。

DSC02338 [640x480].JPG
そして、歩くこと5時間程で鳩待峠(標高約1600m)へ到着。
開山後の喧騒が想像出来ないほどの静寂が広がる。
この日、入山しているのは、我々と日帰りのスキーヤーのみ。

DSC02346 [640x480].JPG
DSC06195 [640x480].JPG
鳩街峠から見る至仏山はまさに圧巻の一言。
時間がないので、今晩宿泊する雪洞を掘ります。

DSC02356 [640x480].JPG
いきなり完成でスイマセンw
必死で作成中の為、写真がありません(爆)
3人が余裕で横になれるスペースを確保し夕食を摂ります。

R1086296 [640x480].JPG
翌日の天気が、荒天傾向なのは分かってはいたが、
淡い期待を胸に焼酎と日本酒を注入し就寝!


R1086298 [640x480].JPG
DSC02361 [640x480].JPG
3/21
快適で静寂の雪洞内から外に出ると案の定、猛吹雪。
雪質は北海道の高所レベル、気温−16度で視界不良...orz
その場に留まるだけで、足先が凍傷になるレベルでした。
この状態で2000mオーバーの状態なんて容易に想像できます。
その為、至仏山へのアタックは諦め撤退となります。

DSC02368 [640x480].JPG
登ってきた道路を下山するのだが、道路には20cm程の激軽パウダーでした。
もちろん底付きは当たり前ですw

DSC02373 [640x480].JPG
ワンフットに両手にポールで漕ぎながら下ります。

DSC02379 [640x480].JPG
昨日、アスファルトが見えていた道路も積雪してましたが、場所を選ばないと小石やら地面の上を
滑降する形となり板には無数の傷が...orz

DSC02377 [640x480].JPG
それでも歩くよりは滑った方が楽なので滑りますw

DSC02382 [640x480].JPG
下りは1時間30分程で出発地点のゲートへ到着。
途中、至仏山へアタックを試みるパーティーがいたが、上部の状況を伝え、そのパーティーも撤退。
みんな無事に戻ってこれたことに一安心。

R1086308 [640x480].JPG
寒さでナルゲンの飲み口もご覧の状況にw
戸倉スキー場で友人と久々の再会をししばし談笑した後、温泉へ。

R1086310 [640x480].JPG
水曜日は、温泉の定休日が多く、
何故か前橋にある源泉掛け流しで好評判の「前橋駅前天然温泉ゆーゆ」
こんな市街地のど真ん中に、こんな上質な温泉が湧くなんて不思議でした。
日帰り湯¥600と手頃なのも◎♪

R1086312 [640x480].JPG
そのあとは、伊勢崎にあるパキスタンインドカレー店「マーディナ」へw

R1086313 [640x480].JPG
店内のメニューがwww
入った瞬間からアウェーモード炸裂です(爆)

R1086315 [640x480].JPG
予め伝えておくが、日本人向けではなく、完全に現地仕様のカレーですw
カレーとナン2枚で¥500と激安!
今回は、キーマカレー、マトンカレー、ホウレンソウチキンカレーを注文。
それを3人でシェアしながら食べます。

R1086318 [640x480].JPG
とても美味しいのだが、スパイスで体から無数の汗が滴れ落ちますw
食後にチャイを注文。
その他、ナンの追加注文とタンドリーチキンを注文して胃袋が破裂寸前まで食べても¥1000以内♪
まさに、料金まで現地価格!?と思わせる勢いでしたw

結局のところ、ゲート→鳩待峠まで10.5kmハイク→雪洞泊(食べる、呑む、寝る)→道路滑る→温泉→スパイシーカレー、と何とも奇妙な行程だったが、非常に充実した2日間でした♪
| まみやん | 22:41 | comments(6) | trackbacks(0) |
Comment
おつカレーでした。
修行系ハイクの末、今シーズン1の激軽パウダーを前に撤退という悔しい結果になっちゃいましたが楽しかったです!
またどこか行きましょう。
Posted by: ペー |at: 2012/03/22 11:18 AM
to ぺーさん

急なお誘いにも関わらず、ご一緒いただき、運転まで本当に誠に有難うございました♪

確かに、おつカレーでしたねw

今回は、滑れなかったですが、貴重な経験になりました^^
これも仲間あっての経験だと思います。

また次回も宜しくお願いします!

Posted by: まみやん |at: 2012/03/22 7:29 PM
ペーさんも行ったんですね^^

雪洞泊ですかぁ〜

訓練でもやったことないし(^^ゞすごね!
Posted by: YORI |at: 2012/03/22 8:41 PM
to YORIさん

ぺーさんもおりましたよ^^

雪洞は、テント以上に静かで温度も一定なので快適です。
しかし、湿度、水滴、床が最大の難点ですが、外気温が低ければ、中で煮炊きしても問題ありませんでした♪

でも作るには重労働で1泊ではもったいないですw
Posted by: まみやん |at: 2012/03/22 11:21 PM
アブノーマルな企画に付き合ってくれてありがとうございました。
またマゾなツアーを企画するのでよろしくね!
Posted by: BB |at: 2012/03/23 1:32 AM
to BBさん

こちらこそ有難うございました♪

今は、靴擦れを治療すべく専らサンダルですw

次回は、福島ですかね?
楽しみにしております^^
Posted by: まみやん |at: 2012/03/25 1:20 AM








Trackback

Twitter

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< March 2018 >>

Entry

Comment

Movapic

travelmaniajp
携帯百景 - travelmaniajp
携帯百景

Profile

Access Counter


アクセスカウンター

メンタルヘルス

きせかえ

古民家LiveCamera

新潟いなかカメラ

新潟県湯沢町アメダス

お天気プラザ お天気アイコン

Search

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Mobile

qrcode