Entry: main  << >>
4/18〜4/19大清水から燧ヶ岳へ(BC編)
DSC06377 [1024x768].JPG
4/18から2日間の行程で、開山前の百名山「燧ヶ岳」へ行ってきました。

 
R1086903 [1024x768].JPG
スタート地点は、群馬県側にある大清水駐車場からとなります。
車は我々以外に2台のみ。
グリーンシーズンではありえない光景w

R1086905 [1024x768].JPG
ここからまず尾瀬沼を目指します。
スタート地点の標高1180m、気温は夏のような暑さ...orz

R1086904 [1024x768].JPG
幸いなことに、スタート地点から登山道は雪。
ご一緒したBBさんはスプリットに、自分はスノーシューに履き替えて出発。

R1086907 [1024x768].JPG
少し歩くと許可車両以外立ち入り禁止となっている幻の奥鬼怒林道の分岐点に差し掛かります。
ここ大清水と奥日光を結ぶ林道です。
いつかオフ車で走破したいですね〜

R1086908 [1024x768].JPG
大清水から一ノ瀬休憩所を目指します。
雪の重みで木がアーチ状にw
一応、車道扱いのようですが、許可車両を除き一般者は徒歩のみ許可されております。

DSC06346 [1024x768].JPG
R1086912 [1024x768].JPG
R1086911 [1024x768].JPG
真夏のように照りつける太陽の下、大汗をかきながら一ノ瀬休憩所へ到着。
トイレや休憩所は勿論クローズ中。
途中、一人の登山者と挨拶を交わすが、まともに人に会ったのはこれが最後となった。

R1086913 [1024x768].JPG
そこから三平峠を目指し、本格的な登山道へ。

DSC06351 [1024x768].JPG
トラップが各所にありますので要注意w
今回は、夏道を外れ、可能な限りショートカットで進みます。

DSC06355 [1024x768].JPG


DSC06354 [1024x768].JPG
何故か登山道から外れた場所にこんなものが...

DSC06361 [1024x768].JPG
R1086914 [1024x768].JPG
急登の連続だったが、短時間で標高をかせぎます。
そのぶん、良い斜面があります♪

DSC06363 [1024x768].JPG
スノーシューでも沈み込みが激しい腐れ雪を歩き三平峠山頂へ。
山頂を示す案内看板は、まだ雪の中。

DSC06366 [1024x768].JPG
ここでやっと、ツリーの間から尾瀬沼と燧ヶ岳が垣間見える。

DSC06370 [1024x768].JPG
三平峠から尾瀬沼まで一気に滑降。
すると辺り一面大スケールの景色が広がる。
感動して久々に鳥肌が立ったw


同じ位置から見た夏の尾瀬沼はこんな感じです。


R1086926 [1024x768].JPG
実に美しい山容♪

R1086928 [1024x768].JPG
尾瀬沼からは景鶴山(2004m)が見える。(翌日、山の大部分に全層雪崩が発生していた)

DSC06379 [1024x768].JPG
DSC06381 [1024x768].JPG
尾瀬沼の大半は、まだ雪の下。
ストップスノーのため、ワンフットは諦める。
沼上を歩き今日の寝床へ。
ちょうどこの辺で群馬県から福島県となる。
....??
群馬県から福島県?
違和感があったので調べてみたら

隣接しているにも関わらず自動車で通行できない日本唯一の県境が群馬県と福島県だそうです。
どうやら尾瀬の真下にトンネルを掘り群馬県と福島県を繋ぐとんでもない計画があるそうですw
詳しく知りたい方は、コチラをどうぞ。

人里離れた本当の場所とはこのことだと実感した。

DSC06401 [1024x768].JPG
とても綺麗に管理された某避難小屋へ到着。
今晩は貸切状態♪
ありがたく使用させていただきました。

DSC06405 [1024x768].JPG
遠方にテント泊と思われる3人組を確認できたが、
この日、尾瀬沼や燧ヶ岳にいる人間は、我々とその3人組以外にいない。
静寂のなか、夕日に染まる尾瀬沼と燧ヶ岳を望みながら夕食と酒を嗜み就寝♪

R1086949 [1024x768].JPG
夜中、屋根に打ち付ける雨音で、何度か目を覚ましたが朝には回復していた。
気温は、不気味なほど暖かく無風状態。
この時期は、どのキャリアの携帯も圏外なので要注意。
避難小屋の宿泊者ノートに感謝の言葉を書き記し燧ヶ岳へ出発!

R1086965 [1024x768].JPG
朝霧の尾瀬沼から望む日の出は幻想的だった。

R1086952 [1024x768].JPG
気温が上昇する前に樹林帯へ急ぐ。

R1086966 [1024x768].JPG
積雪期の特権を活かし夏道は使用せず、ショートカットで樹林帯を進む。

DSC06418 [1024x768].JPG
1950m付近で樹林帯を抜け夏道と合流。
すると百名山の会津駒ケ岳(2133m)が姿を現す。

R1086979 [1024x768].JPG
R1086980 [1024x768].JPG
森林限界に近い標高2000m付近から上部は、霧氷が綺麗だった。

DSC06421 [1024x768].JPG
やっと燧ヶ岳のピーク俎瑤姿を現す。
前日以前であろうと思われる深く沈んだトレースが一本だけ残っていた。
スノーシューでも沈むのに、膝上まで沈み込んだアイゼンのトレースが厳しさを物語っていた。
昨日、遠方に確認できた3人組のトレースは皆無。
ということは、燧ヶ岳にいるのは我々だけだと容易に想像できた。

DSC06424 [1024x768].JPG
突き抜ける蒼空に向かってピークへ。
ここでスプリットとスノーシューでは登れる斜度が違うので、
別々のルートとなる。

DSC06427 [1024x768].JPG
ここの登攀が一番辛かったかな。

R1086988 [1024x768].JPG
雪質はフィルムクラスト♪
ザクッザクッという快音を響かせながらひたすら登る。

R1086993 [1024x768].JPG
やっと稜線へ。
西方向には、尾瀬ヶ原と至仏山が姿を現す。

DSC06433 [1024x768].JPG
ピーク手前の岩場は最後の難所。
滑落すると死が待ち構えているので、
板をデポして身軽になる。


稜線に立つと強風が吹き荒れる。


ドロップしたい気持ちを抑えつつピークへ

R1087024 [1024x768].JPG
ピーク手前は岩場やホールそしてアイシーな場面が続く。
クランポンを確実に突き刺しながら登ると。

R1087009 [1024x768].JPG
R1087002 [1024x768].JPG
DSC06435 [1024x768].JPG
DSC06443 [1024x768].JPG


尾瀬沼から約3時間30分でピークハント成功!
強風吹き荒れるなか気温は氷点下5℃でとても寒い!!
とは言っても燧ヶ岳は5つのピークを持つ山。
コチラの俎堯2346m)が一般的のようですが、最も高いピークはナイフブリッジの先にある柴安堯2356m)
しかし、柴安瑤惺圓にはハイリスクの為、今回は俎瑤ピークハントということでお許し下さいw

概要は、ウィキより抜粋
火口付近には柴安(しばやすぐら、2,356m)、(まないたぐら、2,346.0m)、ミノブチ岳赤ナグレ岳御池岳の5つのピークがある。尾瀬ヶ原からは左から柴安堯御池岳、赤ナグレ岳が見え、尾瀬沼からは左から柴安堯∃撕瑤2つのピークが目立つ。登山道が通じているのは柴安堯∃撕堯▲潺離屮然戮3つであり、この順番に登山道で結ばれている。俎瑤砲脇鹽
三角点「燧岳」がある。燧ヶ岳は、2,300m以上の山として日本で最も北に位置する。日本国内では、燧ヶ岳より北にそれより高い地点はない。

R1087034 [1024x768].JPG
ピークからの下山はナデッ窪を滑降します。

DSC06465 [1024x768].JPG
ピークから200mほど落とすとナデッ窪の上部へ。
写真では伝わりにくいですが、斜度は40°オーバーの素晴らしい斜面です♪
ではドロップ!

R1087050 [1024x768].JPGDSC06481 [1024x768].JPGDSC06512 [1024x768].JPG
DSC06523 [1024x768].JPG


上部は走るザラメ、中部から下部にかけてはストップスノーが入り混じる状態でしたが、
この広大な山にいるのは我々だけという贅沢感と尾瀬沼へ落ちていく感覚はまさに最高の一言♪

DSC06532 [1024x768].JPG
ナデッ窪から沼尻休憩所付近まであっという間に到着。
標高2300オーバーから1600mまでは一瞬でしたが、
天気にも恵まれ自分にとって忘れることの出来ない最高の一本となりました。

R1087062 [1024x768].JPG
GW寸前ではありますが、尾瀬の大半は雪景色のため春を感じることは難しいですが、唯一雪解けの一部から水芭蕉の蕾が姿を現していた。


DSC06540 [1024x768].JPG
R1087064 [1024x768].JPG
再び尾瀬沼を歩き三平峠を目指し下山します。
この大自然に感謝して尾瀬沼と燧ヶ岳を後にします。

R1086911 [1024x768].JPG
R1087069 [1024x768].JPG
紆余曲折を経てやっとのことで一ノ瀬休憩所まで下山すると、
屋根の上についていた大量の雪が、ここ2日間の暖かさで崩落していた。
崩落したブロック状の雪に「絆」や「感謝」と書かれていた。
何故だか分からないが妙に感動したw

R1087072 [1024x768].JPG
三平峠〜一ノ瀬休憩所〜大清水までは、ほぼ下りのため滑って下山することが可能だった。

R1087074 [1024x768].JPG
総行程距離約30kmの充実した2日間は無事終了。
もちろん大清水駐車場にあるのは、我々の車のみw

R1087076 [1024x768].JPG
道の駅白沢の望郷の湯で汗を流したあとは、
最近ハマっている伊勢崎のパキスタン料理店「マーディナ」へ

R1087079 [1024x768].JPG
いつものように店内と料理は完全にアウェー状態w
温泉で流した汗が再び噴出するのは承知のうえでしたが、
激辛スパイスカレーを食べて大汗をかいて充実した2日間は終了しました。

今回の行程は、健脚者であれば夜中に大清水を出発すれば日没前に往復できるとは思いますが、
ハードな山行となることは必至です。
結果、1泊2日とすることで時間に余裕のあるBCができました♪

今回、ナビをしてくれたBBさんありがりとうございました!
| まみやん | 20:52 | comments(12) | trackbacks(0) |
Comment
うわぁ〜
怖ぇぇ〜:(;゙゚'ω゚'):

俺はピークハント無理だな。
Posted by: YORI |at: 2012/04/21 11:23 PM
いや〜〜〜!、素晴らしい!!。ハイシーズンに行ったら命懸けだろーね。。。でも、それに相応しい斜面があって。。。ラッセルも何十時間するんだろう。。。ゾクゾクするね&#645;(&#9694;&#8248;&#9695;)&#643;
Posted by: カニさん@来週、至仏山。 |at: 2012/04/22 12:31 AM
ほんとうにお疲れさまでした。
今回もどMな山行に付き合ってくれてありがとう!
まみやんがいたから達成できたと思う。
さらなる達成感を得るためにまた計画するから、これに懲りずによろしくね!
Posted by: BB |at: 2012/04/22 1:54 AM
尾瀬沼の大雪原に、ナデッ窪の大斜面。。ヤバイね〜

天気に恵まれて何よりっ☆

燧ケ岳か。。 そのうち、とりあえず夏に登ってみるかな〜
Posted by: D、C |at: 2012/04/22 10:54 AM
to YORIさん

確かにピーク手前で諦めようか迷いましたが、ビックキッカー飛ぶよりかは恐怖心が無かったので、登りましたw
Posted by: まみやん |at: 2012/04/23 4:34 AM
to カニさん

厳冬期に行けたら最高のパウダーなのは間違いないですね♪

早く夏山テン泊行きましょう!
Posted by: まみやん |at: 2012/04/23 4:37 AM
to BBさん

今回は色々とガイドしてもらい有難うございました。

色々とありましたが無事だったのが何よりですw

また計画がありましたら教えて下さい♪

Posted by: まみやん |at: 2012/04/23 4:40 AM
to DCさん

夏の燧ヶ岳も泥道みたいで大変みたいですw

来シーズンはスプリットデビューですかね?

スプリットなら厳冬期の燧ヶ岳も行けそうな気がします♪
Posted by: まみやん |at: 2012/04/23 4:44 AM
燧ヶ岳いいっすね!
天気にも恵まれたようでいい景色ですね〜
オレも行ってみようかな。
それにしてもまみやんさんもBBさんも顔真っ黒w

予定が合えば至仏リベンジ行きませんか〜?
Posted by: ペー |at: 2012/04/27 10:23 AM
to ぺーさん

天気があまりにも良かったので、日焼け止を塗ってても焼けてしまいましたw

燧ヶ岳BCはGWが限界かもしれません。

自分は行けませんが、BBさんがGW中に至仏山行くとか行かないとか...

5月下旬にテント泊で夏山に行きませんか?
Posted by: まみやん |at: 2012/04/27 5:03 PM
今日自分も御池ルートから燧ヶ岳やっつけてきました!
北面はツリーホールを覗いた感じだと2m近く積雪がありそうですが、もう滑って気持ちいい雪ではないですね・・・
オープンで斜度があるところはまだ少しマシなんですが、森の中は雪が汚れちゃってて全然走らなくて苦労しました。
明日は会津駒ヶ岳登ろうと思ってたんですけど、メシ食って温泉入ったらなんだか満足しちゃって帰ってきちゃいましたw
あとはかぐらに1〜2回行って今シーズンを締めることにします。

テントは10年以上前に買ったツーリングテントしかありませんw
使えないことはないと思いますが、最近の軽くてコンパクトなやつを買っておきます!
Posted by: ペー |at: 2012/04/28 11:36 PM
to ぺーさん

おおっ!

燧ヶ岳行ったのですね!

しかも御池ルートとは素晴らしいですね♪

確かに充実感で帰りたくなる気持ちは非常に分かりますw

では、早急に山岳テントをゲットして普段行くことのない南アか中央アに行きましょう!

予定が決まったら連絡します^^
Posted by: まみやん |at: 2012/04/29 10:39 PM








Trackback

Twitter

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Entry

Comment

Movapic

travelmaniajp
携帯百景 - travelmaniajp
携帯百景

Profile

Access Counter


アクセスカウンター

メンタルヘルス

きせかえ

古民家LiveCamera

新潟いなかカメラ

新潟県湯沢町アメダス

お天気プラザ お天気アイコン

Search

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Mobile

qrcode