Entry: main  << >>
6/4平標山〜仙ノ倉山〜エビス大黒ノ頭〜万太郎山縦走
R1087192 [1024x768].JPG
6/4
近所で手軽に日帰り可能な谷川連峰周辺の山々を縦走してきました。
しかし時間に追われる過酷な登山となりましたw 
縦走3D [1024x768].jpg
実際に歩いたロガーです。
プランA(土合駅下山ルート)とプランB(土樽駅下山ルート)どちらかで選択する形となりました。
結果的にはプランBとなりました。
松手山〜平標山〜仙ノ倉山〜エビス大黒ノ頭〜万太郎山〜土樽駅というルートとなります。

R1087144 [1024x768].JPG
朝5時にR17沿いにある平標登山口Pへ

R1087149 [1024x768].JPG
身支度を整え5:30登山開始。

R1087150 [1024x768].JPG
何度登っても松手山までは急登でキツイ。

DSC03911 [1024x768].JPG
チシマザサ(ネマガリダケ)があちこちで旬な時期を迎えている。


例の鉄塔へ差し掛かる。

R1087155 [1024x768].JPG
アカモノ

DSC03915 [1024x768].JPG
シャクナゲはもう少しで見頃。
朝露で濡れた草木をかき分けながら進む登山道は、靴やパンツがビショビショになってしまう。
スパッツは、要持参です。

DSC03916 [1024x768].JPG
鉄塔を過ぎると稜線に出る。
最近まで営業していた、かぐらスキー場や苗場山。

DSC03917 [1024x768].JPG
三角あたりは、まだ滑れますなw

DSC03918 [1024x768].JPG
平標山頂手前は、遮るものが無く常に風が吹き荒れる。
当日は、気温も高く風が気持ち良かった♪

DSC03923 [1024x768].JPG
気づくと上昇気流で雲が湧いてきた。
スタートから2時間弱で平標山頂(1983m)へ

DSC03931 [1024x768].JPG
仙ノ倉山方面を望むと雲が開けた。

DSC03930 [1024x768].JPG
ベンチで、しばし休憩&朝食。
ここで仙ノ倉山方面から来た山小屋泊のグループと会った以外は、最後まで誰とも会わなかった。

DSC03937 [1024x768].JPG
朝食もそこそこに仙ノ倉山を目指す。
雲の切れ間から仙ノ倉山が見えてきた。

DSC03935 [1024x768].JPG
途中、これから目指す谷川岳直下にある肩ノ小屋まで10kmの目印が。
....?
13:50の土合駅発の電車に乗らなければ、今回の登山は成功しない。
現在の時刻は、8:45なので残り時間は、約5時間で残り14kmちょっと...ヤバクね!
間に合うかどうかは、後で考えるとしてペースアップ。

DSC03938 [1024x768].JPG
ささっと仙ノ倉山(2026m)ピークハント。

DSC03939 [1024x768].JPG
なるほど、ここは群馬県なんですね。

DSC03948 [1024x768].JPG
次なるピーク、エビス大黒ノ頭を目指します。
200mほど下ります。

DSC03949 [1024x768].JPG
エビス大黒避難小屋。
中は2人入ったら満杯の広さ。

DSC03956 [1024x768].JPG
マメザクラもまだまだ見頃です。

R1087162 [1024x768].JPG
R1087164 [1024x768].JPG
ピーク手前は、切り立っていて滑落注意です。

R1087166 [1024x768].JPG
岩場を越えるとエビス大黒ノ頭(1818m)ピークハント。
電車の時間に間に合うのか微妙なので、休憩はしません。

R1087167 [1024x768].JPG
遠くに湯沢の街並みが見える。

R1087171 [1024x768].JPG
ここからコルを越えて左前方に聳える万太郎山を目指します。

R1087173 [1024x768].JPG
2000mオーバーまで上げた標高も1500m台まで落とします。
時間に追われていることもあり、ここが一番キツかった。

R1087175 [1024x768].JPG
コル周辺は、標高が低いのでシャクナゲも綺麗に咲き誇っていました。


ナエバキスミレ


シラネアオイ


綺麗な高山植物もこれからが見頃。

R1087181 [1024x768].JPG
越路避難小屋から万太郎山までは、あと少し。

R1087182 [1024x768].JPG
そして万太郎山1945mピークハント。
この時の時刻11:15。
土合駅発車まで残り約2時間30分。

R1087193 [1024x768].JPG
稜線の彼方に、谷川岳と天神尾根。
しばし呆然として考えた結果、ロープウェイ使ってもムリ!

R1087196 [1024x768].JPG
会津駒ケ岳だと思いますが、6月なのにまだまだ残雪がありました。

R1087192 [1024x768].JPG
ちょっと下り谷川岳方面と土樽方面の分岐点へ。
時間的に土樽駅へ下山するプランBを選択する。
といっても土樽駅発の電車は13:59なので、残り2時間ちょっと。
これを逃すと17:50まで次の電車は無いw
間に合うかどうかは、分からないが急いで吾策新道を下山します!

R1087184 [1024x768].JPG
振り返ると歩いてきた稜線と山々が綺麗に見えた。
しかし景色にひたっている時間は無い。

R1087197 [1024x768].JPG
吾策新道を下山しますが、残雪を歩く場所が何カ所かあります。
そのうえ登山者が少ないので、泥濘が多く危険です。


不安定なザレ場も続きます。


振り返ると危険な登山道だということがよく分かる。
R1087200 [1024x768].JPG
何度も足を取られながら急いで下山すると道路が♪

R1087201 [1024x768].JPG
一気に標高差1180mを下山し終了と思いきやゴールはまだ先。
土樽駅を目指します。

R1087205 [1024x768].JPG
発車時刻まで残り20分。
土樽駅までは約2km!

R1087208 [1024x768].JPG
土樽PAの上を通り。

R1087209 [1024x768].JPG
関越道をくぐる。

R1087211 [1024x768].JPG
学生以来の猛ダッシュをかまし1:59土樽駅に到着!
その時、電車がホームに向かってきたw

R1087212 [1024x768].JPG
30秒遅かったら4時間待ちぼうけになるところでしたw
人間やればできるもんです^^

R1087214 [1024x768].JPG
初めての上越線に乗車。
その時の安堵感は半端じゃなかったw
息切れと嗚咽を必死で堪えながら車掌さんに運賃を払い越後湯沢駅へ。

R1087217 [1024x768].JPG
越後湯沢駅のバスターミナルで登山口行きのバスを待ちます。

R1087218 [1024x768].JPG
苗場方面のバスに乗車。

R1087221 [1024x768].JPG
かぐらスキー場通過〜

R1087222 [1024x768].JPG
平標登山口で下車し出発地の駐車場に無事戻って来れました♪


今回のGPSロガーによると、歩行沿面距離19.56km、所要時間8時間25分でした。
13時台の列車に乗車するなら4時にはスタートしたほうが無難かと思います。

| まみやん | 04:21 | comments(6) | trackbacks(0) |
Comment
飛ばしたねぇ~ヾ(;´Д`●)ノ万太郎までは、アップダウン意外とあってキツかったでしょう?。
Posted by: カニさん@明日は丹沢縦走 |at: 2012/06/06 8:07 AM
かなり、ハイペースな山行でしたね〜(笑)

それが出来るだけの体力が羨ましいですww
ボクも、なんとか今の体力を次ぎのシーズンまで落とさないようにしなくては・・・w
Posted by: Ryu |at: 2012/06/06 8:38 AM
toカニさん

確かにエビス大黒ノ頭から万太郎までが一番キツかったです。

しかし、ペースアップしなければ絶景の縦走路ですよ^^

今回は、ヤマレコの登山記録に騙された感がありますw

丹沢気をつけて行ってきて下さい!
Posted by: まみやん |at: 2012/06/06 7:28 PM
to Ryuさん

Ryuさんも積極的にアタックしてますね^^

体力はそこまで変わらないと思ういますよw

お陰様で2日たった今も足の筋肉痛が治りません...orz
Posted by: まみやん |at: 2012/06/06 7:32 PM
( ´∀`) < また凄いとこ行ったねぇ〜

いい絵見れました!次の写真待ってます!(笑)
Posted by: YORI |at: 2012/06/11 7:12 PM
to YORIさん

お久しぶりです。

今回は、一眼とコンデジの二刀流で望んだのですが、最後の方は時間が無くて専らコンデジでしたw

本当は北海道の山で写真を撮りたいですね♪

羅臼に日高山脈にピンネシリなど行きたい山がたくさんあります。
Posted by: まみやん |at: 2012/06/12 4:37 PM








Trackback

Twitter

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Entry

Comment

Movapic

travelmaniajp
携帯百景 - travelmaniajp
携帯百景

Profile

Access Counter


アクセスカウンター

メンタルヘルス

きせかえ

古民家LiveCamera

新潟いなかカメラ

新潟県湯沢町アメダス

お天気プラザ お天気アイコン

Search

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Mobile

qrcode