Entry: main  << >>
7/24百名山「北岳3193m」&「間ノ岳3189m」アタック

7/24
1泊2日の行程で、南アルプスに位置する北岳と間ノ岳に行ってきました。 
北岳 [1024x768].jpg
今回のロガーです。
DAY1 奈良田(バス)〜広河原〜大樺沢〜北岳ピーク〜北岳山荘テント泊
DAY2 北岳山荘〜間ノ岳ピストン〜大樺沢〜広河原〜奈良田
本当は、農鳥岳〜奈良田の縦走を考えておりましたが、1泊2日だと無理があるため今回の行程になりました。

R1087426 [1024x768].JPG
南アルプス林道はマイカー規制中のため、マイカーで行けるのは奈良田温泉駐車場までとなります。

R1087430 [1024x768].JPG
朝5時30分のバスに乗り込みます。

R1087432 [1024x768].JPG
登山口である広河原までの運賃は、片道¥1100です。

R1087434 [1024x768].JPG
バスに揺られること50分余りで広河原に到着です。
沢山の登山者で賑わってます。

R1087435 [1024x768].JPG
綺麗なターミナルセンターで準備を整えて出発です。

R1087437 [1024x768].JPG
右奥に今回目指す北岳が姿を表す。


ゲートをくぐって登山届けを提出したらスタートです。
スタート地点の標高は、約1500mなので約1700mアップとなります。
長丁場となりハードな山行となりますが、賽は投げられました♪

R1087440 [1024x768].JPG
今回は、大樺沢ルートなので左俣で登ります。

R1087442 [1024x768].JPG
大樺沢までは、左手に綺麗な清流を横目にひたすら登ります。

R1087445 [1024x768].JPG
今回はテント類も含めてバックパックの総重量が17kgあるので、普段より汗が吹き出します。
時折、川で顔を冷やしながら、スローペースで登ります。

R1087446 [1024x768].JPG
女子高生?の集団にハマりまったりとしたペースw

IMG_1195 [1024x768].JPG
とにかく暑すぎるので、標高2000mの展望の良い場所で休憩をとりますw

IMG_1190 [1024x768].JPG
また集団にハマりゆっくりと登りますw

IMG_1201 [1024x768].JPG
すると標高2200m付近で大樺沢の大雪渓へ
雪多すぎでしょ!?
この雪渓を標高差500m近く登ります。

IMG_1204 [1024x768].JPG
崩壊している箇所もあるので、要注意。

IMG_1207 [1024x768].JPG
途中、北岳バットレスが目前に現れる。
スケール感が半端じゃない。

DSC05460 [1024x768].JPG
なんとか雪渓を登りきった。
バックは鳳凰三山。

IMG_1232 [1024x768].JPG
雪渓を越えると八本歯コルと呼ばれる急登が続く
登山道は、綺麗に整備されているので、滑落の心配は皆無と言っても過言ではない。

R1087481 [1024x768].JPG
八本歯コルから眺める鳳凰三山。


IMG_1243 [1024x768].JPG
しかし、標高が2900mを超えてくると相当辛くなってくる。
ここが一番の踏ん張りどころだった。

R1087479 [1024x768].JPG
右側には北岳が鎮座する。

IMG_1247 [1024x768].JPG
ボーコン沢の頭との合流地点

IMG_1251 [1024x768].JPGIMG_1257 [1024x768].JPGIMG_1258 [1024x768].JPG
このあたりから高山植物が姿を現す♪

IMG_1261 [1024x768].JPGIMG_1262 [1024x768].JPGIMG_1289 [1024x768].JPGIMG_1308 [1024x768].JPG
キタダケソウは終わっていましたが、標高3000mの短い夏に咲き誇る可憐な花々を横目に北岳ピークを目指す。

R1087487 [1024x768].JPG
あと少し!

DSC05464 [1024x768].JPG
背後には富士山も見える。

DSC05479 [1024x768].JPGDSC05488 [1024x768].JPGDSC05497 [1024x768].JPG
高山植物を激写してたら目の前にはピークが迫っていたw

DSC05528 [1024x768].JPG
気づくとピークへw
三角点をゲットする。
北岳ではなく白根岳と刻んであった。

IMG_1280 [1024x768].JPG
そしてココが「北岳3193m」富士山に次ぐ国内2番目の標高を誇る場所です。

IMG_1271 [1024x768].JPG
ピークから眺める仙丈ヶ岳が実に美しい♪

DSC05525 [1024x768].JPG
絶対にピークハントしたい「甲斐駒ヶ岳」の急峻な山容は特別な魅力を感じる。

DSC05511 [1024x768].JPG
山頂は中高年の盛り場になっていたw
エーデルワイスの大合唱が始まりました。
まったりと山頂で景色を眺めたかったが、あまりにも賑やかなので下山します。

IMG_9155 [1024x768].JPG
DSC05480 [1024x768].JPG
目指すは北岳と間ノ岳の稜線上に位置する北岳山荘へ

IMG_1318 [1024x768].JPG
山荘へ到着し受付を済ませテントを設営する。
その頃には、あたり一面ガスに巻かれていた。

DSC05543 [1024x768].JPG
1杯¥900の生ビールで乾杯!
味は言うまでもなく格別だった♪

DSC05553 [1024x768].JPG
手持ちの食材を嗜みながら談笑してると酔いが回ってきた。
そそくさとテントに戻り爆睡w

DSC05575 [1024x768].JPG
ふと目を覚ますと夜7時過ぎ。
ガスは消え夕焼けに染まる雲海が見事だった。

DSC05577 [1024x768].JPG
暮れゆく空に浮かぶ月と北岳山荘

IMG_0023 [1024x768].JPG
IMG_0024 [1024x768].JPG
IMG_0025 [1024x768].JPG
標高2900mのテン場から甲府の夜景を見ながら眠りに就きました。

IMG_0088 [1024x768].JPG
DSC05617 [1024x768].JPG
7/25 
夜明け前に起床。
気温5度。
朝焼けに染まる富士山が姿を現す。

DSC05652 [1024x768].JPG
最高の朝を迎えることができた。

IMG_0109 [1024x768].JPG
これから目指す間ノ岳方面の峰々も染まってきた。

DSC05641 [1024x768].JPG
IMG_0090 [1024x768].JPG
DSC05685 [1024x768].JPG
北岳の稜線上から昇る朝日は美しかった。

DSC05711 [1024x768].JPG
朝露に濡れたテントはそのままに間ノ岳を目指します。

IMG_0227 [1024x768].JPG
今日は朝から快晴♪
心地よい風を浴びながら間ノ岳を目指す。

IMG_0156 [1024x768].JPG
北岳山荘から間ノ岳までの所要時間は1時間40分。

IMG_0162 [1024x768].JPG
中白根山3055mを通過
3000mオーバーの稜線を進みます。
IMG_0189 [1024x768].JPG
DSC05735 [1024x768].JPG
北岳山荘から登ること50分で、国内第4位の標高を誇る百名山「間ノ岳あいのだけ3189m」ピークハント。

DSC05715 [1024x768].JPG
ピークからは、農鳥岳、荒川岳、塩見岳、赤石岳など行きたい山々を望むことができる。
360度見渡す限り人工物は何もない。
本当の山深さを物語っている。

IMG_0169 [1024x768].JPG
中央アルプスや御嶽山、槍穂まで望むことができた。

IMG_0202 [1024x768].JPGIMG_0178 [1024x768].JPG
特に西側に望む富士山が素晴らしかった。

DSC05751 [1024x768].JPG
山頂では雪合戦をする学生もw

DSC05774 [1024x768].JPG
残雪は2m以上

DSC05776 [1024x768].JPG
標高3000mオーバーに立派なてんとう虫がいました。


山頂で1時間ばかし休憩しました。


北岳山荘へむけて下山します。

R1087470 [1024x768].JPG
テントを片付けて昨日と同じルートで下山しました。
特に下りの雪渓はアイゼンが欲しかった。

DSC05781 [1024x768].JPG
そして綺麗な清流でクールダウンしながら下ります。

R1087515 [1024x768].JPG
北岳山荘から3時間弱で無事に下山することができました♪

R1087517 [1024x768].JPG
下山後は、温泉です。

R1087519 [1024x768].JPG
やってきたのは奈良田温泉にある白根館

R1087518 [1024x768].JPG
日帰り入浴は、13時〜17時までとなり¥1000と割高。

IMG_0243 [1024x768].JPG
IMG_0242 [1024x768].JPG
貸切状態でしたが、硫黄臭漂う源泉掛け流しのヌルヌルとしたお湯は、最高でした♪

R1087525 [1024x768].JPG
腹ペコな我々は、甲府市にある蓬来軒へ

R1087529 [1024x768].JPG
注文したのは一番人気の支那そばベースのチャーシューメン。

R1087534 [1024x768].JPG
極厚チャーシューは歯ごたえと風味も効いてて実に美味しい。

R1087530 [1024x768].JPG
ちぢれ麺もスープとの相性抜群♪

R1087532 [1024x768].JPG
餃子もジャンボサイズで美味しかったです。
食べログランキング1位なのも納得できます^^
甲府に寄ったら間違いなく行ってしまう美味しさでした。

北岳ロガー1 [1024x768].jpg
Day1

2北岳ロガー [1024x768].jpg
Day2
最後に今回のロガーデータです。
合計歩行距離 22.626kmでした。
天候にも恵まれ短い夏の南アルプスを堪能することができました。
また、テント類の装備が無ければ2日間で農鳥岳〜奈良田まで余裕を持って縦走できたと思います。

次回は、甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳、塩見岳、荒川岳あたりを狙おうと思います。
| まみやん | 16:05 | comments(10) | trackbacks(0) |
Comment
登山っていいねぇ〜

非日常の景色って素晴らしいです

真っ暗な山のシルエットに都市とテントの明かりが灯っている写真が気に入りました。

何時も最後に乗ってるデータロガーって何で取ってるんですか?
Posted by: YORI |at: 2012/07/28 8:20 PM
2日間どうもお疲れ様でした^^

頑張った分、山荘で飲んだ生ビールめっちゃ染みましたねw

また近々ご一緒しましょう♪
Posted by: いぐっぺ |at: 2012/07/28 9:54 PM
いやー、ハードな山行だったようでw

辛かったぶん、山頂からの眺めはさぞかし素晴らしかったのだということが
写真を眺めながら伝わりました♪
朝焼けの景色、凄く良いと思います!!
Posted by: Ryu |at: 2012/07/28 10:37 PM
to YORIさん

お褒めのお言葉有難うございます^^
山奥に行けば行くほど、遠くに見える夜景が、その非日常度合を感じられますよね♪

北海道なら360度夜景も人工物もなにも無い山々はたくさんあると思いますが、日高山脈は特にスゴいとベテラン登山者に聞きました。

ちなみにロガーですが、山旅ロガーと地図ロイドという無料アンドロイドアプリで取得してます。機内モードにすれば電池消耗が少なくオススメです♪
Posted by: まみやん |at: 2012/07/30 1:22 PM
to いぐっぺさん

おぉ!
コメント有難うございますw

今回は、ご一緒いただき有難う御座いました♪

北岳山荘でのんだ生ビールは格別でしたよね!

次回は、八ヶ岳か北アルプスにアタック希望です^^
Posted by: まみやん |at: 2012/07/30 1:25 PM
行ってきたんですね〜
やっぱ3000mオーバーは違いますね!
素晴らしい景色!

いつも読んでるだけでニヤニヤしちゃうレポありがとうございます♪
Posted by: ペー |at: 2012/07/30 1:32 PM
to Ryuさん

荷物が軽ければ、比較的楽な山行だったと思いますが、テント装備は膝にきますw

あと、キャノンのコンデジは非常に素晴らしいことが分かりました。

次回のコンデジはキャノンが最有力候補です。

また、お土産のラーメン美味しかったです♪
本当にありがとうございました。
Posted by: まみやん |at: 2012/07/30 1:38 PM
to ぺーさん

ご一緒できずに残念でしたが、予定通り行ってきました♪

3000mオーバー縦走できる山々は数少ないですので、貴重な体験になりました。

しかし、どんなにハードな登山でも必ずいる中高年の体力には脱帽でしたw

次回こそはご一緒しましょう!
Posted by: まみやん |at: 2012/07/30 1:45 PM
スマホアプリだったんですね〜
そろそろスマホもいいかな(^^ゞ
Posted by: YORI |at: 2012/07/30 8:10 PM
to YORIさん

最近のアプリは昔と違って実用的なものが多く大変便利です♪

可能性は低いですが、将来的にドコモからiPhoneが発売されれば、間違いなくアンドロイドから機種変しちゃうと思いますw
Posted by: まみやん |at: 2012/07/31 1:42 AM








Trackback

Twitter

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< March 2018 >>

Entry

Comment

Movapic

travelmaniajp
携帯百景 - travelmaniajp
携帯百景

Profile

Access Counter


アクセスカウンター

メンタルヘルス

きせかえ

古民家LiveCamera

新潟いなかカメラ

新潟県湯沢町アメダス

お天気プラザ お天気アイコン

Search

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Mobile

qrcode