Entry: main  << >>
2泊3日初秋の北東北ツーリング(秋田〜青森〜岩手)
DSC07685 [1024x768].JPG
今年の残暑はとても長い...
というわけで、秋を感じるには、まだ早いツーリングとなりましたが、
北東北をメインに9/12〜9/14まで2泊3日の旅程で行ってきました。 
IMG00645 [1024x768].jpg深夜割引の恩恵を受けるため、午前4時前に東北道浦和ICを通過。
すると栃木IC手前でトラックが2車線を防ぐ形で横転する事故が目の前で発生....
追い越し車線を走っていた私は、約200mほど手前でから急ブレーキをかけ
後輪をスライドさせながら奇跡的に回避できました。
長年バイクに乗ってて一番の恐怖でしたw

R1087818 [1024x768].JPG
更なる安全運転を心がけ、村田JCTから山形道を経由して月山まで来ました。
本来なら涼を感じるこの時期ですが、蒸し暑さが体を包みます...orz


雲行きが怪しくなり突然の雷雨。
急遽、鶴岡市の食彩あぐりで雨宿り。
しかし雨が止む気配がないので、合羽を着込み出発...

R1087824 [1024x768].JPG
出発して間もなく晴れてきた...

IMG00647 [1024x768].jpg
道の駅「象潟」に立寄ちます。
着込んだ合羽も一瞬で意味がなくなり脱ぎますw

R1087833 [1024x768].JPG
暑いのでかき氷を購入。
しかし大量のシロップが甘すぎて食べられませんでしたw

R1087834 [1024x768].JPG
左手に日本海を望みながら国道7号線を北上します。

R1087849 [1024x768].JPG
男鹿半島の入口には、巨大なまはげがお出迎えw
いざ男鹿半島へ!

R1087854 [1024x768].JPGR1087856 [1024x768].JPG
R1087870 [1024x768].JPGR1087882 [1024x768].JPG
風光明媚な海岸線を走ります。
漁村や海岸線の雰囲気は、まるで北海道を走っている気分になれます♪

R1087886 [1024x768].JPG
今日の幕営地は、男鹿桜島リゾートホテルきららかに併設しているキャンプ場です。

R1087887 [1024x768].JPG
ホテルでちょっと高めの使用料¥1000を支払いサイトへ移動。
車両の乗り入れは禁止なので、リヤカーに荷物を移します。
サイトの状態は、全面芝生で綺麗に管理されてますが、傾斜地が多く平坦な場所が少ないのが難点。

DSC07597 [1024x768].JPG

しかし、当日のキャンパーは私一人だったので、
日本海が眺められる最高の場所に設営できました♪

DSC07602 [1024x768].JPG
先程まで雲の中だった鳥海山も望めます♪

IMG00654 [1024x768].jpg
暮れゆく夕日を眺めながら、ホテル内の温泉で汗を流します。
超オープンな浴場で、遊歩道から丸見えの全面ガラス張りとなっておりますw
歩行者から丸見えというリスクと引換に、日本海に沈む夕日を最後まで望むことが出来ます。

IMG00655 [1024x768].jpg
泉質は、茶褐色でヌルヌル系でした。
色んな意味で、良い温泉でしたw

DSC07621 [1024x768].JPG
サイトに戻り沈みゆく太陽ををまったりと眺めました。

DSC07665 [1024x768].JPG
DSC07636 [1024x768].JPG
DSC07646 [1024x768].JPG
温泉で火照った体を冷ましにバイクでひとっ走り。
一瞬で寒くなり引き返しますw

DSC07664 [1024x768].JPG
まさに秋田を象徴する一枚だと思います♪

IMG00676 [1024x768].jpg
DSC07673 [1024x768].JPG
夕食は、カレーと近所のスーパーで購入した地元の魚介類を肴に潮風に浸る♪
そして660km走った疲れは相当なもので、20時には爆睡。

DSC07685 [1024x768].JPG
9/13
朝4時に起床しテントを撤収。
日の出と共に男鹿半島を一周します。

R1087913 [1024x768].JPG
北緯40度線上に位置する入道崎

IMG00682 [1024x768].jpg
DSC07697 [1024x768].JPG
海岸美を堪能できる道路や秋を感じるススキの群生地など全てが最高です♪

DSC07702 [1024x768].JPG
男鹿半島を一望できる寒風山展望台へ。

IMG00688 [1024x768].jpg
右手に日本海、正面に八郎潟

DSC07755 [1024x768].JPG
DSC07718 [1024x768].JPG
あまりにも最高のロケーションにシャッターを押しまくるw
まるで草千里や宗谷丘陵を彷彿とさせる景色は圧巻だった♪

R1087930 [1024x768].JPG
八郎潟のドストレートを疾走し日本海側を北上

R1087925 [1024x768].JPG
青森県へ

DSC07764 [1024x768].JPG
やってきたのは...

DSC07767 [1024x768].JPG
黄金崎不老ふ死温泉
何故か、「ふ」だけひらがなである。
海中といっても過言ではない場所に浴場がありますw
時間の関係で入浴はしませんでした。

R1087932 [1024x768].JPG
鰺ヶ沢町の千畳敷を通り

DSC07774 [1024x768].JPG
鰺ヶ沢駅近くの焼きイカ通りへ

DSC07775 [1024x768].JPG
イカ専門店が軒を連ねています。

DSC07771 [1024x768].JPG
イカ焼きは1パック250円でした。
夜の肴も含め2パック購入。
1パックは、日本海を眺めなが舌鼓♪
非常に弾力のある歯ごたえは、イカを存分に味わうことができ美味しかった。

DSC07781 [1024x768].JPG
鰺ヶ沢から津軽半島へ突入し十三湖へ

IMG00695 [1024x768].jpg
十三湖ではシジミ漁が盛んということで、名物のシジミバターラーメンを注文。

IMG00698 [1024x768].jpg
その味は、言うまでもなシジミの旨みとバターのコクが麺とスープにマッチしてとても美味しかった♪
店主に味を絶賛したらシジミ汁やプリンやらをサービスしてくれた^^
一度にこれだけのシジミを摂取したのは初めてだったw

R1087940 [1024x768].JPG
オルニチンパワーで津軽半島の先端「龍飛崎」を目指す。
龍飛岬手前のワインディングは実に爽快だった♪

DSC07798 [1024x768].JPG
龍飛岬へ到着。
ボタンを押すたびに爆音で鳴り響く津軽海峡冬景色に戸惑ったw

DSC07783 [1024x768].JPG
龍飛崎灯台

DSC07792 [1024x768].JPG
DSC07785 [1024x768].JPG
奥に見えるのが北海道です。
非常に近い!
この海峡の下を青函トンネルが通ってると思うだけで人間の凄さを感じる。

DSC07789 [1024x768].JPG
海の透明度も尋常じゃない。

DSC07790 [1024x768].JPG
下を覗くと国道が...

DSC07800 [1024x768].JPG
そこにあるのは、日本で唯一の階段国道339号線です。

DSC07808 [1024x768].JPG
DSC07813 [1024x768].JPG
9月でも紫陽花が咲き誇るお洒落過ぎる国道でした♪

R1087975 [1024x768].JPG
龍飛岬から青森市内を通り、今日の幕営地「酸ヶ湯キャンプ場」に到着。
途中、対向車のパッシングとクラクションによりネズミ捕りの餌食になることを回避できましたw
そんな青森県民の優しさにも触れることができました♪
あと、北海道帰りのライダーが多いせいか分かりませんが、
青森県内のピースサイン発生率は80%以上の確率で健在です^^

DSC07819 [1024x768].JPG
酸ヶ湯キャンプ場は、料金が¥1000と高めながらも管理が行き届いており、サイト、炊事場、トイレなど全てが完璧なほど綺麗でした。
早朝から走りっぱなしだったので、疲労は限界。
テントを設置したら徒歩3分程度の場所にある酸ヶ湯温泉へ

IMG00701 [1024x768].jpg
R1087961 [1024x768].JPG
混浴と別浴の両方を堪能した後は、生ビールで労をねぎらいますw
ここの酸性硫黄泉は、温泉のなかで一番好きです♪

IMG00705 [1024x768].jpg
夕食は、鰺ヶ沢のイカ焼き、龍飛産タコの寒風干し、麻婆丼、ビールと地酒です。
見知らぬライダーと懇談しながら夜は更けていきます♪


R1087970 [1024x768].JPG
気づくと辺り一面霧に包まれていました。
そして、ベロベロになった状態で撃沈ですw

R1087980 [1024x768].JPG
9/14
朝から真夏並みの陽気...
八甲田山に見送られながら南下します。

R1087983 [1024x768].JPG
奥入瀬渓流沿いに走る国道103号線は、木漏れ日と風が気持ち良かった♪

R1088002 [1024x768].JPG
R1088003 [1024x768].JPG
それもそのはず、国道の真横に奥入瀬渓流が沿うように流れています♪

DSC07852 [1024x768].JPG
奥入瀬渓流を抜けると十和田湖に到着。

DSC07826 [1024x768].JPG
こちらも心地よい風が吹くなか湖畔を散策♪

DSC07827 [1024x768].JPG
紅葉もちらほらと...

DSC07834 [1024x768].JPGDSC07840 [1024x768].JPG
十和田湖のシンボル「乙女の像」を見物してると数百人の観光客が...
湖畔へ逃げますw
9月中旬にして湖水浴ができるほど水温が高かったです。

DSC07850 [1024x768].JPG
朝食にプルーンときりたんぽを食べて十和田湖を後にします。

DSC07854 [1024x768].JPG
大正初期まで日本最大の小坂鉱山近くにある道の駅「こさか七滝」で休憩。

R1088013 [1024x768].JPG
道の駅に併設する孫左衛門で名物の豚重を喰らう。
吉野家の豚丼にそっくりでしたw

DSC07881 [1024x768].JPGDSC07872 [1024x768].JPG
道の駅の対面にある七滝でコーヒーブレイク♪

R1088015 [1024x768].JPG
鹿角市内を通り後生掛温泉へ

R1088021 [1024x768].JPG
あちこちで噴煙や硫黄臭が漂います。
まるで万座温泉のようです。

R1088016 [1024x768].JPG
露天風呂、神経湯、打たせ湯、泥湯、蒸湯、泡風呂など¥400という格安で思う存分硫黄泉が楽しめました♪

R1088023 [1024x768].JPG
温泉の後は、売店で購入できる黒たまごがオススメ♪


その後は、気になっている秋田八幡平スキー場を偵察。
冬に温泉とセットで行きたいですね♪

R1088027 [1024x768].JPG
アスピーテラインで八幡平へ
ピークで秋田県と岩手県の県境となります。

R1088031 [1024x768].JPG
岩手山も美しい♪


実は、この1ヶ月前にも八幡平へ訪れました。
その時に入浴した藤七温泉は野趣あふれるオススメの混浴温泉です。
紅葉の時期と重なれば堪らないと思います♪
但し、冬は豪雪のため営業しませんので注意が必要です。


アスピーテラインを岩手側に下ると有名な松尾鉱山跡が姿を現します。


何時来てもノスタルジックな空気が漂っています。


そして残念ながら廃スキー場となってしまった八幡平スキー場です。
以前は確認できたリフトの痕跡を確認することができませんでした。
無理だと思いますが、スリリングでパウダーに満ちあふれたスキー場が復活することを願って止みません。
キッカーを作って飛んでいた頃が懐かしいですw
年末年始盛岡合宿7日目

R1088035 [1024x768].JPGR1088039 [1024x768].JPG
八幡平を下り松川地熱発電所へ
山中に突如として現れる発電所は異様な雰囲気でした。

IMG00710 [1024x768].jpg
その後は、東北道を南下し紫波SAの冷麺で腹ごしらえをして、
法定速度で弾丸のように走り無事に帰宅しました。

3日間で1800kmというハードな旅程でしたが、
北東北の魅力を十分に満喫できた旅となりました♪
| まみやん | 13:01 | comments(6) | trackbacks(0) |
Comment
相変わらず良い旅をしてますね〜
しかしトラックの・・・無事で何よりです。

次回ツーリング日程が決まったのでまたお誘いしますね〜
Posted by: かんちゃん |at: 2012/09/20 9:16 PM
なんだ北海道行っているのかと思ったよ!
またツーリング行きたいなー
泊まりツーリングとかさぁー
一緒に行けば良かった!
Posted by: dkだょ |at: 2012/09/21 5:12 AM
いい絵撮れたね〜

単車はやっぱ後方排気!

次回も楽しみにしてます^^
Posted by: YORI |at: 2012/09/21 11:28 AM
to かんちゃん

行きの東北道で死ななかったのは、相当運が良かったと思ってます^^

そして来月のツーリングですが、それまでにFタイヤ、チェーン、スプロケ、ブレーキパッドを交換しなくてはいけないので、間に合えば参加させていただきます♪

ちなみにテントですが、モンベルの購入を検討中であれば、大きさは2型がオススメです。
Posted by: まみやん |at: 2012/09/21 4:04 PM
to Dk

君の場合は、お金稼いでから行こうね(笑)

しばらくの間、メンテナンスします。
Posted by: まみやん |at: 2012/09/21 4:06 PM
to YORIさん

お久しぶりです^^

お褒めのお言葉有難うございます!

YORIさんも羨ましい旅をしてますよね♪

後方排気でも4ストなので助かってますw
Posted by: まみやん |at: 2012/09/21 4:17 PM








Trackback

Twitter

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Entry

Comment

Movapic

travelmaniajp
携帯百景 - travelmaniajp
携帯百景

Profile

Access Counter


アクセスカウンター

メンタルヘルス

きせかえ

古民家LiveCamera

新潟いなかカメラ

新潟県湯沢町アメダス

お天気プラザ お天気アイコン

Search

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Mobile

qrcode